睡眠薬の種類と副作用の危険性について

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

 

不眠症が酷くて眠れず、睡眠薬を服用している方も最近では以前より増えてきました。
睡眠薬にも様々な種類があり、大きく分けると以下の5種類に分けられます。

 

・バルビツール酸系
・ベンゾジアゼピン系
・非ベンゾシアゼピン系
・メラトニン受容体作動薬
・オレキシン受容体拮抗薬

 

その中でも睡眠薬には沢山の種類があります。

 

デパス 、マイスリー 、ハルシオン、レンドルミン 、ロヒプノール 、ルネスタ 、アモバン 、サイレース
、ベンザリン、エリミン 、ユーロジン 、リスミー 、エバミール 、ドラール 、ロラメット 、ネルボン
、ダルメート 、ソメリン 、ベノジール etc・・・
睡眠薬によって効果や副作用が違ってきます。
睡眠薬の効果の持続時間が違ったり、睡眠作用に特化したものや、不安を和らげるものであったりと

人それぞれの症状によって合う睡眠薬が変わってきます。

 

また、睡眠薬によっては副作用の強いものがあったりと、睡眠薬を使うとしたら
何でも良いというわけではありません。

 

近年では、副作用が少ないという睡眠薬も開発されていますが、強制的に眠らせる薬という

時点で依存や耐性などの副作用は引き起こる可能性は高いです。

 

睡眠薬の強さを比較すると

 

不眠症が深刻で、一番強い睡眠薬を服用したいという方もいらっしゃると思います。
睡眠薬は種類によって効果や持続時間は違いますが、強さに関しては比較してもあまり差がないです。

強さがあまり変わりがないため、短時間作用が効かないから長時間作用のものに睡眠薬を変えても
効果が朝まで長引いたりと逆効果になることがあります。
そのため、一番効果が強い睡眠薬はたいため、強さを高めるためには服用する量を多くしなければ
なりません。1錠で効かなければ、2錠にしてみるなどといった具合です。
しかし、強さを高めるために量を増やすと、その分副作用の症状も悪化する恐れがあるため

むやみに量を増やすのは危険です。

 

全く眠れなくて、強い睡眠薬を使いたいと考えている方はまず病院でお医者さんに相談してみるのが

一番良いです。

 

睡眠薬に依存しないためには

これまででお話してきたように、睡眠薬と副作用は切っても切り離せない

関係であり、眠れるようになる代償があるのも事実です。
実際に睡眠薬を使って深刻な副作用で苦しんでいる方は数多くいらっしゃいます
睡眠薬を使うのも不眠症対策の1つの方法であり、最終手段でもありますが、睡眠薬

だけに依存するのは極力回避するべきではあります。

 

今では睡眠薬の代わりとなるような、睡眠サプリといったものも薬局やドラッグストアなどで市販化されていて、

通販などでも発売されています。

 

睡眠サプリの場合は、薬ではなくサプリメントですので、天然成分だけで作られているため副作用

の心配はありません。

 

睡眠薬の副作用のことを考えると、睡眠サプリを使用したほうが長期的に考えたら健康や

人生においては良いかもしれません。